HOME > 会社案内 > 会社概要、沿革、各種認証取得、受賞暦
Safety & Ecology
代表ご挨拶
会社概要、沿革、各種認証取得、受賞暦
経営理念、行動指針、環境・安全指針、品質指針
保安品質方針
安全文化醸成方針
熊取事業所
東海事業所
アクセス

会社概要、沿革、各種認証取得、受賞暦

会社概要

名称 原子燃料工業株式会社
設立 1972 年 7 月
資本金 10 億円
株主 東芝エネルギーシステムズ株式会社  100%
本社 東京都品川区東品川2丁目2番4号
事業所 熊取事業所  東海事業所
営業網 東京営業部  大阪営業部  九州支店  四国支店  北海道支店  東北支店 
ヨーロッパ事務所
事業内容
  • 軽水炉(PWR/BWR)用原子燃料の開発・設計及び製造
  • 軽水炉(PWR/BWR)の炉心管理サービス
  • 新型炉HTRその他研究炉用燃料の開発・設計及び製造
  • 原子燃料サイクル関連技術開発
  • 原子燃料関連検査装置等の設計、製作
  • 電子線照射サービス(滅菌/材料改質等)
関連会社

主たる海外との協力関係

燃料事業関連

軽水炉燃料

・Westinghouse(米国、英国、スウェーデン、他)
・PWR/BWR燃料の開発等
・Framatome(仏国、独国、米国)
・PWR/BWR燃料の開発協力
・PWR/BWR燃料、燃料関連サービスおよび炉心設計・炉心管理に関する情報交換
・Korea Nuclear Fuel Co., Ltd.(韓国)
・PWR燃料および炉心設計・炉心管理に関する一般技術情報交換
・Orano(仏国)
・MOX燃料の加工および輸送等
・Kazatomprom(カザフスタン)
・再転換サービス等

安全情報関連

・世界核燃料安全ネットワーク(INSAF)会員
・世界の核燃料事業者間の安全情報交換・意見交換

各種認証取得

取得認証 部門
ISO9001
品質マネジメントシステム
PWR燃料事業部門(1999年)
BWR燃料事業部門(1998年)
電子線照射サービス事業(2003年)
   ISO9002(2000年)からアップグレード
エンジニアリングサービス部(2003年)
ISO14001
環境マネジメントシステム
熊取事業所(1999年〜2013年)
東海事業所(2001年〜2017年)
OHSAS18001
労働衛生安全マネジメントシステム
東海事業所(2004年)
OSHMS(JISHA方式)
労働安全衛生マネジメントシステム
熊取事業所(2004年)
ISO13485
医療機器に関する品質マネジメントシステム
電子線照射サービス事業(2004年)

沿革

原子燃料工業の沿革 原子力業界の動向
1951年     世界で最初の原子力発電(アメリカ)
1955年   住友電気工業鰍ナ二酸化ウラン粉末の研究開始 原子力基本法成立
1956年   古河電気工業鰍ナ原子炉用燃料研究開始  
1963年     JPDR日本初の原子力発電試験に成功
1964年   住友電気工業褐F取研究所に研究・製造施設建設  
1965年   古河電気工業兜錘R研究所に燃料加工設備設置  
1966年   住友電気工業褐F取研究所に動力・製造施設建設 日本原子力発電鞄穴C1号日本初の商業用原子力発電運転開始
1970年     関西電力(株)初の美浜1号運転開始
1971年     東京電力(株)初の福島1号運転開始

1972年 7月 原子燃料工業株式会社設立  
1974年 12月 関西電力美浜2号向け燃料納入(PWR電力会社向け燃料初納入) 電源三法施行
1978年 9月 東京電力福島第一3号向け燃料納入(BWR電力会社向け燃料初納入)  
1979年     スリーマイルアイランド原子力発電所で事故(アメリカ)
1980年 1月 東海製造所(現:東海事業所)操業開始  
1985年 8月 株式会社原子力エンジニアリング設立  
12月 PWR燃料納入累計 1,000 体達成
1986年 2月 BWR燃料納入累計 1,000 体達成 チェルノブイリ原子力発電所で事故(ソ連)
1987年 2月 九州支店開設  
1989年 7月 株式会社エンジニアリング協力設立 世界原子力発電事業者協会(WANO)東京センター設立
1991年 1月 BWR燃料納入累計 3,000 体達成 関西電力株浜2号SG伝熱管損傷
4月 エンジニアリング精密株式会社設立
6月 四国支店開設
1992年     日本原燃叶ン立
1993年 4月 東北支店開設 核兵器解体のための日露会合をロシアで開催
1994年 4月 PWR燃料納入累計 3,000 体達成 IAEAにて原子力安全条約成立
9月 BWR燃料納入累計5,000体達成
1995年     動燃(現:JAEA)もんじゅナトリウム漏洩事故
1997年 7月 ヨーロッパ駐在員事務所開設  
9月 原研高温工学試験研究炉(HTTR)向け初装荷燃料を納入
10月 BWR燃料納入累計7,000体達成
1998年     原研(現:JAEA)高温工学試験研究炉(HTTR)が初臨界
1999年 4月 電子線照射サービス事業開始 JCOウラン燃料加工施設で臨界事故
5月 北海道支店開設
2000年 6月 原子力災害時における原子力事業者間協力協定を加工三社で締結 原子力災害特別措置法施行
改正原子炉等規制法施行
10月 PWR燃料納入累計 5,000 体達成
2001年 10月 BWR燃料納入累計 10,000 体達成 経済産業省原子力安全・保安院発足
2008年 4月 株式会社エンジニアリング協力を吸収合併  
2009年 5月 株主異動により、ウェスチングハウス社が筆頭株主(52%)になる  
2011年 3月   東日本大震災発生
東京電力(株)福島第一原子力発電所で事故
2012年 9月   原子力規制委員会・原子力規制庁発足
2013年 4月 東邦エンジニアリング株式会社がエンジニアリング精密株式会社を吸収合併
2018年 6月 株主異動により東芝エネルギーシステムズ株式会社が100%株主になる

受賞暦

1988年10月 森島淳好 科学技術庁原子力安全功労者賞
1988年11月 宮澤鐵蔵 勲三等旭日中綬賞
1989年10月 笠松利夫 科学技術庁原子力安全功労者賞
1993年1月 石田隆一 地球環境大学国際栄誉称号
1993年3月 金子光信 日本原子力学会核燃料賞
1993年10月 熊取事業所 体力つくり優秀組織表彰記念 体力つくり国民会議議長賞
1996年8月 佐藤務 ASTM(アメリカ材料試験協会)功労賞
1996年10月 甲斐洋 科学技術庁原子力安全功労者賞
1997年4月 渡部林二 新金属協会事業功労賞
1998年3月 吉牟田秀治 日本原子力学会技術賞・核燃料賞
1999年3月 山本章夫 日本原子力学会論文賞
2001年5月 小池伸吾 経済産業省原子力エネルギー安全実務功労賞
2001年11月 川嶋栄一 核物質管理学会奨励賞
2002年11月 熊取事業所 体力つくり優秀組織表彰記念 文部科学大臣賞
2003年5月 青木重夫 新金属協会功労賞
2003年5月 藤村勝二 経済産業省原子力エネルギー安全実務功労賞
2004年3月 巽雅洋 日本原子力学会技術賞
2004年5月 佐藤務 新金属協会功労賞
2004年10月 山口政雄 中央労働災害防止協会緑十字賞
2005年11月 垣内一雄 ASTM(アメリカ材料試験協会)Sam−Tour賞
2006年2月 清澤暢人 新金属協会功労賞
2006年3月 巽雅洋 日本原子力学会技術賞
2006年5月 長尾昭市 経済産業省原子力エネルギー安全実務功労賞
2007年10月 熊取事業所 体力つくり優秀組織表彰記念 内閣総理大臣賞
2008年1月 住川清和 安全優良職長厚生労働大臣顕彰
2008年3月 米田一人 原子力規格委員会功労賞
2008年5月 佐藤健治 新金属協会功労賞
2008年10月 木山洋一 廃棄物・浄化槽研究開発功労者環境大臣表彰
2009年3月 軍司康義 日本原子力学会技術賞
2009年5月 岡田盛助 経済産業省原子力エネルギー安全実務功労賞
2009年7月 坂上義満 全国THP(Total Health Promotion Plan)推進協議会功労賞
2010年3月 山崎正俊 日本原子力学会技術賞・特賞
2010年3月 武田正 原子力規格委員会功労賞
2010年5月 阪西健一 新金属協会功労賞
2010年6月 東海事業所 危険物安全優良事業所 茨城県知事表彰
2011年3月 礒部仁博 日本原子力学会論文賞
2011年10月 坂上義満 中央労働災害防止協会緑十字賞
2012年3月 巽雅洋 日本原子力学会計算科学技術部会奨励賞
2012年3月 中岡平 日本原子力学会論文賞
このページのトップへ