HOME > 会社案内:代表ご挨拶
Safety & Ecology
代表ご挨拶
会社概要、沿革、各種認証取得、受賞暦
経営理念、行動指針、環境・安全指針、品質指針
保安品質方針
熊取事業所
東海事業所
アクセス

代表ご挨拶

より安全で快適な社会を目指して。

当社は、古河電気工業株式会社と住友電気工業株式会社の原子燃料ビジネスを統合し、1972年に総合原子燃料専業メーカーとして事業をスタート致しました。我が国唯一の沸騰水型原子炉(BWR)及び加圧水型原子炉(PWR)両タイプ用燃料のメーカーとして、これまで40年以上に渡り我が国のほとんど全ての原子力発電所へ、高い技術力を駆使して無事故で高品質の燃料を安定的に供給してまいりました。また、高温ガス炉用燃料や高速増殖炉向け燃料用部材などの各種燃料等の開発、製造、さらには炉心管理技術、安全設計などのソフト技術をベースに、燃料関連システムやメンテナンス事業の展開にも鋭意努めております。
2009年5月にはウェスチングハウス・エレクトリックが当社の筆頭株主となり、これにより、これまで以上に幅広い燃料技術及び高度なプラントエンジニアリング技術を積極的にご提供してゆく体制が整いました。

−品質の高い、経済的な原子燃料を−

いま世界のエネルギー需要は中国、インドをはじめ大きく拡大しております。エネルギー資源が少なく自給率が6%程度と極端に低い我が国では、エネルギー安全保障の観点から、CO2を排出しないエネルギーである「原子力」を安全に、安心して利用してゆくことが重要と考えております。当社は、より安全で快適な社会を目指し、今後も品質の高い、経済的な原子燃料を研究・開発・製造し、安定して供給してゆくことに誇りを持って取り組んでまいる所存です。

−地域社会と共に生き、共に発展する−

当社は地域に根ざした企業として、地域社会と共に生き、共に発展することを目指してまいりました。これからも地域の皆様に信頼され愛される企業であり続ける為に、皆様とのコミュニケーションを大切にしながら、地道な活動を続けてゆきたいと考えています。

これらの目標を達成して行くための大前提は云うまでもなく、絶対に事故を起こさないことです。原子力を扱う当社の社会的責任を十分自覚し、安全を第一に、社員一丸となって皆様から信頼される会社であるよう、引き続き努力してまいりますので、一層のご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
北川 健一
このページのトップへ