HOME > トピックス一覧 > 熊取事業所 警報集中表示盤の電源ユニット故障による連続焼結炉自動窒素ガス切替機構の作動について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

熊取事業所 警報集中表示盤の電源ユニット故障による連続焼結炉自動窒素ガス切替機構の作動について

2018/07/05

 2018年7月5日(木)午前10時22分頃、第2加工棟にある連続焼結炉の稼動中に可燃性ガス圧力低下の警報が発報すると同時に、炉内へのガス供給を停止する緊急遮断弁が作動しました。さらに焼結炉を安全に停止するための自動窒素ガス切替機構が作動し、炉内の電気ヒーター電源が遮断しました。
 原因を調査したところ、警報集中表示盤の電源ユニットの故障が判明したため、ただちに当該ユニットを交換し復旧いたしました。また、関連する設備を全て点検し、異常のないことを確認しています。
 なお、この事象による周辺環境への影響はなく、作業員の被ばくもありませんでした。

本件に関するお問い合わせ先
熊取事業所業務管理部 村上、福島宛
TEL:072-452-7211



このページのトップへ