HOME > トピックス一覧 > 熊取事業所 放射性廃棄物の廃棄施設における固体廃棄物ドラム缶の表面汚染について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

熊取事業所 放射性廃棄物の廃棄施設における固体廃棄物ドラム缶の表面汚染について

2018/06/28

 2018年6月28日(木)11時50分頃、熊取事業所 第1加工棟 第4−5廃棄物貯蔵室において、固体廃棄物ドラム缶(注)の外観検査中に、表面にサビを確認したため、サビ表面の放射線測定をしたところ微量の汚染を確認しました。このため直ちに当該ドラム缶の汚染拡大防止を実施しました。
 なお、この事象による周辺環境への影響はなく、作業員への被ばくもありませんでした。
 現在、原因については調査中です。

(注)ウラン燃料加工により発生した金属等の固体廃棄物を収納したドラム缶

本件に関するお問い合わせ先
熊取事業所業務管理部 村上、福島宛
TEL:072-452-7211



このページのトップへ