HOME > トピックス一覧 > 東海事業所加工工場管理区域内において、ウラン粉末がこぼれた件
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

東海事業所加工工場管理区域内において、ウラン粉末がこぼれた件

2012/11/09

 11月9日(金)午前9時50分頃、加工工場ペレット加工室Uにおいて、プレスNo.3(注1)のウラン粉末のクリーニング作業(注2)終了後、作業に用いたサイクロン(ウラン粉末を吸引するために使用する装置)のホースが接続部から外れ、ウラン粉末が床にこぼれました。
 こぼれたウラン粉末量は2gU未満(<2.5×105Bq)であり、全量を回収しました。本事象に伴う作業環境及び周辺環境への影響はなく、作業者への被ばくもありませんでした。
 今後、原因を調査した上で再発防止対策を実施します。

注1 ウラン粉末を押し固めて燃料ペレットに成型するための装置
注2 設備内の残留ウラン粉末を回収するための作業


本件に関するお問い合わせ先
東海事業所業務管理部 高辻、上田宛
TEL:029-287-8201



このページのトップへ