HOME > トピックス一覧 > 当社熊取事業所及び東海事業所から搬出された検査機器等を収納したL型輸送物の保管状況調査結果の報告について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

当社熊取事業所及び東海事業所から搬出された検査機器等を収納したL型輸送物の保管状況調査結果の報告について

2012/08/10

当社は、平成24年7月27日、経済産業省原子力安全・保安院より、原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況調査について、指示を受けました。
(平成24年7月27日お知らせ済み)
この指示に基づき、当社両事業所の加工施設より搬出された検査機器等を収納したL型輸送物(注1)の保管状況を調査し、その結果について報告書にとりまとめ、本日、同院へ報告いたしました。
調査の結果、当社両事業所の加工施設より搬出されたL型輸送物の搬出先は、放射性物質の適切な管理が可能な許可を有しており、それらの取り扱いに問題はないことを確認しました。
一方、当社熊取事業所周辺監視区域(注2)外の倉庫に、新たにL型輸送物1個が保管されていることが確認されました。
これは、原子力発電所で照射された燃料集合体の部材の一部を試験に供するために、原子力発電所から試験施設に輸送するための輸送容器で、試験施設で収納物を取り出した後、空の状態で熊取事業所にL型輸送物として搬入されたものです。
熊取事業所では、既に報告しているL型輸送物と併せて、管理状況の改善を早急に進めてまいります。

(注1)L型輸送物:原子炉等規制法の関係省令で定められる輸送物であり、その収納物は「危険性が極めて
    少ない核燃料物質等として主務大臣の定めるもの」と定義されている。
(注2)周辺監視区域:原子炉等規制法の関係省令で定められる区域であり、立ち入る者の制限等の措置が
    なされている。


本件に関するお問い合わせ先
熊取事業所業務管理部
TEL:072-452-3901



このページのトップへ