HOME > トピックス一覧 > 「原子燃料工業(株)熊取事業所において保管しているL型輸送物の管理」及び「原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況」に関する原子力安全・保安院指示文書の受領について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

「原子燃料工業(株)熊取事業所において保管しているL型輸送物の管理」及び「原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況」に関する原子力安全・保安院指示文書の受領について

2012/07/27

本日(2012年7月27日)、原子力安全・保安院から、弊社熊取事業所におけるL型輸送物(注)の保管に関する調査結果が公表されました。

これは、国の申告制度に基づき原子力安全・保安院に出された申告に対する原子力施設安全情報申告調査委員会の調査結果ですが、弊社熊取事業所におけるL型輸送物の保管については、法令上の違反はなく、現状において安全上の問題は認められないものの、適切な管理を欠いているとの指摘がありました。

このため、本日、原子力安全・保安院より、L型輸送物の管理状況について早急な改善を求める指示文書を受領しました。弊社は、今回の指示を真摯に受け止め、早急に改善を実施していく所存です。

併せて、原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況について調査を求める指示文書を受領しました。弊社は、速やかに調査を実施し、原子力安全・保安院に対し報告いたします。

(注)L型輸送物:原子炉等規制法の関係省令で定められる輸送物であり、その収納物は
          「危険性が極めて少ない核燃料物質等として主務大臣の定めるもの」と定義されている。


添付資料
添付1.原子燃料工業株式会社熊取事業所において保管しているL型輸送物の管理について(指示)
添付2.原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況について(指示)


本件に関するお問い合わせ先
人事総務部 採用・広報グループ

添付1:原子燃料工業株式会社熊取事業所において保管しているL型輸送物の管理について(指示)
添付2:原子力施設外に搬出された検査機器等の保管状況について(指示)


このページのトップへ