HOME > トピックス一覧 > 東海事業所における不適切なウランの取扱いについて(その2)
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

東海事業所における不適切なウランの取扱いについて(その2)

2007/04/13

 当社は、4月5日に判明した「不適切なウランの取扱い」(2月24日に東海事業所にて発生。事象については4月5日にお知らせ済み。)について、本日、経済産業大臣宛に現時点における事象の状況および処置に関する報告書を提出いたしました。

 本事案に関し、経済産業省原子力安全・保安院長より、保安規定に定める核的制限値を超えるウランを取扱ったことに対し、厳重注意および再発防止策の徹底を指示する旨の文書を受領いたしました。
 当社といたしましては、今回の厳重注意およびご指示を重く受け止め、安全最優先を肝に銘じ、再発防止策を迅速かつ的確に遂行し、信頼回復に努めてまいります。

 また、原子力安全協定に基づき、現時点における事象の状況およびそれに対する処置内容について、茨城県、東海村、東海村隣接市に対し報告書を提出いたしました。

 なお、今後引き続き調査・検討し、再発防止策を取りまとめた上で、報告書を提出する予定です。

本件に関するお問い合わせ先
東海事業所業務管理部 梅本宛
TEL:029-287-8201



このページのトップへ