HOME > トピックス一覧 > 熊取事業所における協力会社作業員の労働災害の原因と対策について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

熊取事業所における協力会社作業員の労働災害の原因と対策について

2006/09/11

 8月13日(日)に発生しました熊取事業所の液化アンモニアガス製造設備定期自主検査における協力会社作業員の労働災害については、協力会社作業員が適切な作業手順をふまなかったことから起きたものであり、協力会社の作業に係る作業手順書が整備されていない等、協力会社に対する安全対策を徹底していな
かったことが原因と判明しました。
 そのため、以下の再発防止対策を講じることとしました。

1.本事象に係る協力会社の作業についても当社で適切な作業手順書を整備することとしました。その際、当
  該作業に係る安全上のポイント、危険箇所を明記するとともに、その内容について、確実に協力会社作業
  員に周知し、併せて作業手順書にチェックリストを設け、監督者の指導の下、当該チェックリストに従い作
  業工程を確認しつつ作業することとしました。
2.化学設備等に関する役務の調達にあたっては、事前にその危険性、有害性を文書で通知し、当該役務を
  請け負う者には、安全作業対策に関する計画の提出を求めることとしました。当社は当該計画の内容を審
  査し、必要に応じて適切な指導を行うこととします。
  また、作業開始前のミーティングにおいて、当該作業に従事する者全員に対して、作業手順書等に基づき
  危険箇所・安全上のポイントを周知徹底することとします。
3.類似災害防止のため、当所で発生した災害データベースを作成し、協力会社にも周知して情報の共有化
  を図ります。

本件に関するお問い合わせ先
総務部 山田、田村宛
TEL:03-5440-1261




このページのトップへ