HOME > トピックス一覧 > OSD法によるPCB液処理設備の設計・製造を受注
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

OSD法によるPCB液処理設備の設計・製造を受注

2003/07/29

 2003年(平成15年)7月、全国5個所に建設が予定されている環境事業団のPCB廃棄物処理施設のうち、豊田処理施設の設置工事を、株式会社クボタ殿、株式会社神鋼環境ソリューション(旧神鋼パンテツク株式会社)殿の共同企業体が受注しました。

 この施設は、東海4県(愛知、静岡、三重、岐阜)に保管されているPCB廃棄物を安全・確実に無害化処理する施設で、PCB液の処理能力は1.6ton/日です。竣工は2005年(平成17年)秋の予定です。

 当社は、この施設にOSD法(金属ナトリウム分散油脱塩素化法)による液処理設備を設計・製造し納入します。
クリックして拡大
施設のイメージ



このページのトップへ