HOME > トピックス一覧 > 米国内におけるウラン粉末の輸送中に発生したコンテナ滑落事故について
Safety & Ecology
トピックス一覧

トピックス

米国内におけるウラン粉末の輸送中に発生したコンテナ滑落事故について

2005/09/27

 当社は、このたびフラマトムANP社(注)より、米国内において原子燃料用原料粉末(二酸化ウラン粉末)を積載したコンテナが、陸上輸送用トレーラー1台から滑落したという連絡を受けました。
 フラマトムANP社は、原子燃料用原料粉末(二酸化ウラン粉末)を同社リッチランド工場から当社東海事業所に輸送するため、米国西海岸の積出港までの陸上輸送を開始した直後、米国太平洋標準時間9月26日午後3時00分(日本時間:9月27日午前7時00分)、リッチランド工場付近でコンテナが路上に滑落しました。このコンテナには、粉末輸送容器18個が積み込まれ、二酸化ウラン粉末約4.5 tonが収納されていました。
 今回の事故により、火災や放射性物質の漏洩及び怪我人の発生はありませんでした。
 当社といたしましては、今後、事故の詳細な状況把握、原因究明を実施して参ります。

(注)フラマトムANP社
   米国ワシントン州リッチランドに所在する原子燃料会社。

本件に関するお問い合わせ先
原子燃料工業株式会社 総務部 山田、田村宛
TEL: 03−5440−1261




このページのトップへ