HOME > 安全と環境への取り組み > 熊取事業所の取り組み
Safety & Ecology
概要
取り組み事例
熊取事業所の取り組み
東海事業所の取り組み

熊取事業所の取り組み

安全・保安活動

総合防災訓練
総合防災訓練

危険予知・リスクアセスメント、ヒヤリ・ハット、安全職場表彰制度

5Sパトロール、安全衛生コンサルタント及び産業医の指導

個人安全衛生目標設定、指差呼称運動(ヒューマンエラー防止)

非常時・異常時の訓練の実施状況

  • 総合防災訓練
  • 消防訓練
  • 放射線異常時対策訓練
  • 夜間・休日非常時訓練
  • 高圧ガス緊急時対策訓練

他社の事例研修

  • 現場の管理監督者層の他社工場見学など実施

労働安全衛生マネジメントシステムの構築

  • 中災防方式適格OSHMS認定取得(2004年12月3日)
  • 合体型危険予知・リスクアセスメント活動

環境モニタリング状況

安全文化評議会

熊取事業所では、安全文化醸成方針に基づき、安全文化醸成活動計画を定めて各種の安全文化醸成活動を実施しております。
多面的に当事業所の安全文化について、ご意見を頂戴するべく、社外有識者および 地元代表のご参加を得て、年1回の頻度で安全文化評議会を開催しております。
当事業所の安全性向上のためのご意見をいただくとともに、地域の皆様にご理解をいただく場として、役立ててまいります。

地域協定等

  • 原子力安全協定締結(熊取町、泉佐野市、貝塚市)

一般見学会
  • 一般見学会の開催(4月)
  • 地元中、高等学校体験学習生受け入れ
  • 関西原子力情報ネットサーフィンメンバーとして原子力情報を発信

原子力事業者防災業務計画

万が一、原子力災害が発生した場合に備え、法令により原子力事業者防災業務計画を定め、年1回定期的に見直し(修正)を行っています。

このページのトップへ