HOME > 会社案内 > 東海事業所

東海事業所

東海事業所
所在地 〒319-1196
茨城県那珂郡東海村村松 3135番地 41
電話 029-287-8201
FAX 029-287-8217
加工能力 BWR燃料 250トン U/年
高温ガス炉燃料 400kg U/年
敷地面積 約 134,000 m2
建家面積 約 19,000 m2
従業員数 約 200 名

東海事業所沿革

1965年 武山研究所に燃料加工設備設置(古河電気工業梶j

1977年 12月 東海製造所(現:東海事業所)敷地造成工事着工
1980年 1月 東海製造所(現:東海事業所)にてBWR燃料加工事業開始
1993年 3月 高温ガス炉燃料工場新設
1998年 9月 BWR燃料事業部門品質ISO9001認証取得
2001年 11月 東海事業所環境ISO14001認証取得(2001年〜2017年)
2004年 2月 東海事業所労働安全衛生 OHSAS 18001認証取得

納入実績

BWR型軽水炉燃料 18,551体 (2017年3月末現在)

HTR型燃料 300体 (2017年3月末現在)

ATR型燃料 687体 (生産は1999年度で終了)

運転状況

原子力事業者防災業務計画

万が一、原子力災害が発生した場合に備え、法令により原子力事業者防災業務計画を定め、年1回定期的に見直し(修正)を行っています。

東海事業所Q&A

執行役員 東海事業所長 山田 昌孝
(更新:2015年5月)
東海事業所の事業内容を教えてください。
東海事業所は1972年原子燃料工業設立時には、現在の東海ではなく神奈川県横須賀市武山に研究所がありました。
事業規模の拡大により武山では手狭になったため、この東海村に移転し、1980年に東海製造所として操業を開始しました。日本のBWR型原子力発電所向け原子燃料の製造から、燃料材料の開発、構造設計、熱水力設計、核・炉心設計、プラント過渡・事故解析及び必要となるコンピュータ解析コードの開発を含めた一貫した事業を展開しています。またBWR燃料の製造の他にも、発電所に対するエンジニアリング支援業務並びに、FBR燃料用金属部品、大洗にある高温工学試験研究炉の燃料を製造する設備も有しています。将来的には、JMOX燃料用のウラン燃料棒も製造する予定です。
東海事業所の特徴はどんな点ですか?
工場は、設立後30年以上経ちますが、設備のメンテナンスは非常によく、自動化が進んだ工場になっています。また、敷地はゆったりとしており緑も多いので、見学にお越しの方には好評です。
従業員は地元の方が多く、全般に寡黙ですが粘り強く最後まであきらめずに仕事をする特徴があると思います。
また、3.11東日本大震災の時も工場内には多数の従業員が業務に従事しておりましたが、怪我をした者は一人もおらず建物も立入りができなくなるような大きな損傷を受けませんでした。このように工場は耐震性も考慮した安全な設計となっています。
安全性や保安面で取り組んでいることは?
当社の使命は、発電所に高品質の燃料を納入して電力安定供給に寄与することですが、そのためには、工場を安全に安定して操業していくことが一番重要です。当たり前のことではありますが、安全に操業するためには、コンプライアンスが肝心だと考えており、従業員全員が、決めたルールを守ること、その守る動機を正しく持つことの教育訓練を実施しております。また、安全に対しては、これで100%という事はありません、従業員全員が常に安全を意識して行動できるように、日々改善に取り組んでいます。また、どのような取り組みをしているのか、関係官公庁はもちろん地域の皆さまにもきちんと理解していただけるように説明できることが大切だと話しております。
2013年12月に施行された新規制基準への対応についても関係官庁と協議を重ねながら確実な実施に向けて取り組んでいます。
技術の向上のために取り組んでいることは?
技術と一口に言っても、設計に関する技術、製造に関する技術、検査に関する技術、安全管理・保全に関する技術などと多岐にわたっています。これらを総合的に向上させるためには、各自が持っている情報をみんなで共有しつつ、地道ではありますが個々の技術者の力量を上げていくことが肝要と思っています。これを達成した技術者は表彰制度で報いていくなど、評価をわかりやすくする工夫をしています。また、資格取得も大いに奨励しています。
地域の方々の安心のために取り組んでいることは?
私たちは、先ほど申し上げましたとおり、工場を安全に安定して操業することがもちろん一番重要なことだと考えておりますが、そのような姿を工場見学会などを通じて広く皆さんにご覧いただきたいと思っております。また、毎年秋には近隣の方と一緒に事業所内でスポーツ大会を行っております。そのような場で地域の皆様と一緒にプレーすることでお互いの顔が見え、色々なお話をすることが良いコミュニケーションになっていると思います。また、そのような場を通じて地域の皆様に工場を操業している私たち従業員の素顔を知っていただくことも、安心に繋がっていくのだろうと感じております。
さらに、社外の方のご意見を伺う場として、東海事業所に隣接する地域住民の代表の方々との懇談会や、安全評議会と称している識者の方達との意見交換会も定期的に開催し、常に「社外の方の視点」を意識して安全操業に取り組んでいます。
このページのトップへ