HOME > 会社案内 > 熊取事業所 > 環境モニタリング状況
Safety & Ecology
代表挨拶
会社概要、沿革、各種認証取得、受賞暦
経営理念、行動指針、環境・安全指針、品質指針
保安品質方針
熊取事業所
環境モニタリング状況
東海事業所の取り組み
アクセスマップ

環境モニタリング状況

熊取事業所の環境モニタリング状況

熊取事業所では敷地内の2箇所に放射線測定設備(モニタリングポスト(MP))を設置し、環境放射線測定を行っております。

モニタリングポストの測定値の単位は実効線量当量率(µSv/h)を使用しております。 実効線量当量率とは、1時間当りに放射線のエネルギーが吸収される程度を示す吸収線量当量率(µGy/h)に人への影響を考慮した単位です。
実効線量当量率と吸収線量当量率は、ほぼ同じ値となります。
自然界に存在する放射線の量は、地質により地域差があります。関西は、関東に比べ若干高いことが知られています。
モニタリングポストの測定値は、降雨により大気中に存在する自然の放射性物質を含むチリが地表に降下するため一時的に高くなることがあります。このため日積算雨量を併記しています。

モニタリングポスト設置場所
モニタリングポスト設置場所

10月の環境モニタリング結果(1日の平均値)

10月 MP No.1
(×10-3μSv/h)
MP No.2
(×10-3μSv/h)
日積算雨量
(mm)
10/01 87.0 68.5 0.0
10/02 87.6 70.3 0.0
10/03 87.7 69.0 4.5
10/04 86.5 66.5 16.0
10/05 86.3 65.9 0.0
10/06 86.5 65.9 0.0
10/07 86.7 66.5 0.0
10/08 87.1 67.2 0.0
10/09 86.7 66.1 0.0
10/10 86.9 68.9 0.0
10/11 87.5 67.8 1.5
10/12 89.0 70.0 90.0
10/13 85.1 65.5 0.0
10/14 85.9 65.8 0.0
10/15 86.0 65.8 0.0
10/16 86.3 66.0 0.0
10/17 86.6 66.8 0.5
10/18 87.0 67.5 21.0
10/19 86.7 67.4 6.5
10/20 85.1 65.6 0.0
10/21 86.4 66.5 9.5
10/22 85.5 65.7 1.5
10/23 86.0 65.9 0.0
10/24 87.7 68.7 36.5
10/25 86.2 67.8 19.0
10/26 85.1 65.8 0.0
10/27 86.3 65.9 0.0
10/28 86.2 66.0 0.0
10/29 91.8 73.5 23.5
10/30 85.7 66.0 0.0
10/31 86.3 66.1 0.0


このページのトップへ